酵素紅はるか 2キロ

1,100円(税込1,188円)

当農園がTVに出演するきっかけとなった「さつま芋」です。体の大きなタレントさんも絶賛しました!
本場鹿児島の生産地のなかでも、最も美味しいと言われる「南九州市頴娃町」で生産しています。
収穫後45日以上専用の貯蔵施設で温度管理し、熟成させることで「濃厚で上品な甘み」を持つさつま芋に育ちます。
焼き芋、天ぷら、蒸し芋にしてもとても甘くて美味しいです。また冷めても美味しく、個人によりますが皮ごと食べれるのも特徴です。
その他、お菓子作りにもオススメです。
是非一度ご賞味ください。

【内容量】2kg(6〜12個)
【サイズ】M〜Lサイズ

栽培のこだわり

「基本は土つくりと創意工夫」
圃場にとって排水はとても大事なことなので、まず鋤を入れるところから始まります。
次に施肥になりますが、ここがこだわりの1つで、厳選された有機質の肥料だけを使用し、微生物を増やす為にさまざまな良質な菌体を施しています。
また、ミネラル分の高い鹿児島県産の貝化石を使用し、酵素を散布するのも当農園の特徴の1つになります。
そしてようやく畝をたて、その畝にさつま芋の苗を定植して約150日かけて生育させます。その間にも時期をみて酵素を数回散布するなどの工夫がされて栽培されています。

※冬期は品質保持の為、「土付き」でお届けしています。
水洗いし冷たい場所で乾燥させると、鬆(す)が入り堅くなってしまうからです。

保存方法

保存の際には低温に弱く冷蔵保存には向かないので、新聞紙などに包んで保存するようにしてください。
目安になる適正な保存温度は13~16℃になります。

美味しい食べ方

焼き芋、天ぷら、蒸し芋など様々なレシピがあります。